レンタルスペース運営

    【レンタルスペース運営】初心者が副業でスペース貸しをして稼ぐまでのステップ

    この記事の要約!
    • レンタルスペース運営は稼げる穴場の副業
    • スキルがない初心者でもスペース貸しは簡単
    • 運営を丸投げして不労所得にもできる

    月に5万円でも不労所得がほしい人は、レンタルスペース運営の副業がおすすめです。

    子アザラシ

    え、でも物件なんて持ってないし、不動産の知識もないよ。本業も忙しいし、、。

    副業に詳しいアザラシ

    実はな、不動産の知識がなくても簡単に運営を代行できる方法もあるんや!

    ここからは、ブログで年1,400万円を稼いだ実績を始め、さまざな副業で結果を出した筆者がが、『副業レンタルスペース運営の成功法則』を紹介します。

    この記事を最後まで読めば、レンタルスペース運営での稼ぎ方がわかり、遊んでいても収益を生んでくれる魔法の副業を始められます。

    不動産の知識に自信のない方でも大丈夫なよう丁寧に解説しているので、何度も読んで自分のビジネスを持ちましょう。

    最短で不労所得化したい人は以下の記事は必読です↓

    レンタルスペース運営ってどんな仕事?

    レンタルスペース運営は、空いている土地や物件などを利用したい人に、時間や期間を設けて貸し出す仕事です。

    例えば!
    • 駐車場
    • フェス会場
    • ライブハウス
    • スポーツ競技場

    など、レンタルスペース運営と言ってもその用途はさまざまです。

    貸出用途に合わせて設備などを用意することで、利用者にそのスペースを快適に使ってもらうことが可能です。

    今回は規模が比較的小さく、物件を所有していなくても始められるものや、副業で始められる規模のレンタル運営をご紹介します。

    と、その前に「レンタルスペース運営をこれから始める人におすすめの記事」があるので紹介します。

    レンタルスペース運営を学ぶならこれ!

    失敗しないレンタルスペース運営をしたい方は、【レンタルスペースの教科書】を必ず参考にしましょう。

    利回り200%超えのレンタルスペース運営を行っている方のノウハウが、惜しみなく詰まっています。

    まったくの未経験でも、【レンタルスペースの教科書】で学んだ通りに行動すれば、高確率で利益をあげられます。

    副業に詳しいアザラシ

    レンタルスペース運営の最初の投資としては最高の教材や!

    うまくやれば本業の収入を超えることができるので、損したくない方は以下をチェックしてください↓

    レンタルスペースの用途とは?

    現在では、さまざまな用途で空きスペースを有効活用されています。

    その用途は大きく分けると以下の2つです。

    2つの用途!
    1. ビジネス用のレンタルスペース
    2. プライベート用のレンタルスペース

    上記のレンタルスペース運営の例を、わかりやすく紹介します。

    ビジネス用のレンタルスペース

    まずは、ビジネスを目的で利用されるレンタルスペースの例を4つ紹介します。

    ビジネス利用の場合!
    1. レンタル会議室(貸し会議室)
    2. レンタルスタジオ
    3. レンタルサロン(整体、エステ、美容室など)
    4. レンタルキッチン

    ひとつずつ、丁寧に解説します。

    1. レンタル会議室(貸し会議室)

    1つ目はレンタル会議室です。

    レンタル会議室は近年、会議室を持たない会社などが増えていることから、需要が高まっています。

    会議室の使用率が少ない会社にとってそのスペースは無駄になるので、会議室を最小限にし、必要な時だけ活用するという使い方をしている企業もあります。

    副業に詳しいアザラシ

    「家では家族がいて集中できない」という会社員のリモートワーク場所としても利用されてるで!

    レンタルスペースをついたてやテーブルで細かく区切り、コワーキングスペースとして活用することも増えています。

    オフィスの一部分として利用している人のために、テーブルと椅子の設置やホワイトボードやプロジェクターなどが置かれているケースが多いです。

    Wi-Fiの設置や、ウェブカメラなどを設備しているレンタル会議室もあります。

    子アザラシ

    これからもっと需要が高まっていきそうだね!

    スペースのサイズは4人で十分に利用できるくらいのサイズや、20人以上収容できるようなスペースまでさまざまです。

    レンタル会議室の立地は、都市部やオフィスの多いところに集中しています。

    2. レンタルスタジオ

    2つ目はレンタルスタジオです。

    レンタルスタジオは、

    • ヨガ
    • ダンス
    • フィットネス

    などを目的として利用されています。

    健康意識の高まりや、ヨガやダンスをする人が増加していることから需要が増加し、注目されています。

    レンタルスタジオは、イベントなどの練習を目的として利用する人が多いため、壁一面の鏡や照明セットなどが設置されています。

    また、音楽に合わせてダンスやフィットネスを行う人もいるため、音楽プレイヤーの設備や、防音対策を行っているスタジオも需要が大きいです。

    スペースの広さは、12畳以上がおすすめです。

    さらに、鏡や手すりなどがあると、ダンスやヨガなどの目的で利用する人にとって、より使いやすいスタジオになります。

    立地はさまざまですが、都市部や駅からの距離が近い場所、人が集まりやすい場所に多くあります。

    3. レンタルサロン(整体、エステ、美容室など)

    3つ目はレンタルサロンです。

    レンタルサロンは、

    • 美容師
    • 鍼灸師
    • エステティシャン

    などが、個人のお店を持ちたいと思っているけど、物件選びや設備の準備で費用がかかるから諦めてしまっている人に向けて、貸し出すスペースです。

    副業に詳しいアザラシ

    フリーランスとして活躍したい人が増えてるから、レンタルサロンの需要も少しずつ増加しとるんや!

    美容師の場合、

    • イス
    • 洗面台

    などが必要なため、初期費用が高額になってしまいます。

    鍼灸師やエステティシャンの場合、

    • 施術用のベッド
    • タオルなどの備品

    などの設備が整っていると、利用してもらいやすいでしょう。

    スペースは、ワンルームマンションなどで運営している人もいます。

    他の運営方法としては、すでに所有している設備などを、休みのときや所有者が利用していないときに、他の人に貸し出す方法です。

    共同で活用できるスペースがあれば、

    • エステ
    • 美容室
    • ネイルサロン

    などを1箇所で行うことができ、それらを同時に利用する人にとってもメリットが多いです。

    良い立地や施術に必要な設備がある場所を借りることができれば、初期費用を抑えながらレンタルスペース運営を始めることが可能です。

    4. レンタルキッチン

    4つ目はレンタルキッチンです。

    レンタルキッチンは、

    • BAR
    • 居酒屋

    など、夜にお店を開けていて昼間は使っていない店舗などを貸し出すことです。

    子アザラシ

    キッチンとかを自分で設置するとお金がかかるから、これはいいね!

    そのため、

    • 開業することには抵抗がある人
    • 空いている時間に得意な料理をふるまいたい人

    といった人からの需要があります。

    立地は、昼食を買いに来てくれるビジネスマンが多いオフィス街など、都市部に多いです。

    副業に詳しいアザラシ

    スペースを持て余してる飲食店と協力すれば、すぐにでも始められるで!

    最短で利益を出したい人におすすめの記事↓

    プライベート用のレンタルスペース

    プライベート用のレンタルスペースは、

    人気な使い方4選!
    1. パーティ用のスペース
    2. 撮影用のスペース
    3. シェアハウス
    4. 田舎のコテージ

    上記のように、仕事をするのではなく、趣味や遊びなどに使いたいという人向けに貸し出すスペースです。

    上記4つの使い方の例を紹介します。

    1. パーティ用のスペース

    パーティ用のスペースは、友人などと食べ物や飲み物を持ち寄って、家のような感覚でパーティを行う人向けに貸し出すスペースです。

    • 家が狭くて大人数を呼べない
    • 仲良い友だちと、お互い住んでる家の中間地点で集まりたい

    などが、多く人が気軽に利用しています。

    特に昨今の事情により、飲食店などのお店が空いていないということから、パーティ用のレンタルスペースの利用者が大幅に増加しました。

    副業に詳しいアザラシ

    レンタルスペースのなかでは、いま最も注目されとるで!

    初期費用もそれほどかからないため、副業としてレンタルスペース運営を始める最初の一歩としておすすめです。

    • 清潔感
    • 世界観
    • コンセプト

    などにこだわって運営していると、1度レンタルスペースを利用した人がリピーターとなり、売上が安定します。

    立地は都市部でも郊外でも問題ありません。

    利用率をあげたいのであれば、公共交通機関の近くや人が多いところが良いでしょう。

    ホームパーティとして利用されることが多いので、

    • イス
    • 大型のテレビ

    などがあると、喜ばれます。

    2. 撮影用のスペース

    撮影用としてのレンタルスペースは、コスプレなどをした人が、写真撮影用のスタジオとして利用するスペースです。

    こちらはどのような目的で撮影されるのかが重要になってくるので、事前リサーチが特に重要です。

    副業に詳しいアザラシ

    コンセプトを決めて部屋の雰囲気を作ることによって、利用率アップや!

    こちらも人が多い都市部や、公共交通機関の近くに立地していると利用する人が増えます。

    また、撮影する際に多くの光が取り込めたり、調整することができる部屋であることが望ましく、日当たりの良い物件であるとより良いです。

    子アザラシ

    撮影には自然光が重要って言うもんね!

    コンセプトに応じた備品や備え付けの家具などがあると、利用されやすいです。

    また、照明機器やカメラ三脚など、周辺機器などがあればより良いです。

    3. シェアハウス

    シェアハウスは、レンタルスペースが注目される前から存在します。

    マンションなどの一室を借りて、2~8人用に部屋を貸し出して運営する方法です。

    4. 田舎のコテージ

    田舎の一軒家などを活用し、コテージとして貸し出す方法です。

    宿泊施設を自分で作って貸し出すため、どちらかというと民泊に近いかもしれません。

    最短で利益を出したい人におすすめの記事↓

    レンタルスペース運営は稼げる?

    レンタルスペース運営は稼げます。

    とはいえ、まずは正しい方法や運営にかかる費用を抑える必要があります。

    しかし、それらをうまくやれば、自分で働かなくても継続的な売上をあげることが可能です。

    子アザラシ

    不労収入ってやつ??僕もほしい〜!!

    ここでは、

    この3つが大切!
    1. 売上
    2. 費用
    3. 利益

    について、詳しく解説していきます。

    レンタルスペース運営の「売上」

    レンタルスペース運営は、どれだけ利用してもらえるかで決まります。

    立地があまりよくない場所や利用が少ない月だと、月に5万円を切ることもあるでしょう。

    しかし、立地の良い場所やパーティの利用が多い月などでは、月に50万円以上の売上があがることもあります。

    副業に詳しいアザラシ

    複数のレンタルスペースを運営すれば、もっと売上をあげることができるで!

    レンタルスペースの運営は、部屋を賃貸契約をして行うのが一般的です。

    そのため、まずは1件から運営を始め、軌道に乗ったら複数の契約を行えば、小さなリスクで稼ぐことができます。

    レンタルスペース運営の「費用」

    不動産を持っている人は、物件を借りる必要はありません。

    とはいえ、レンタルスペース運営に使える物件を持っていない人のほうが多いです。

    そのため、賃貸契約で物件を借りることが必要になります。

    副業に詳しいアザラシ

    大丈夫や!物件を持ってない人でも簡単にできる運営方法も、記事の後半で紹介するからな!

    また、レンタルする利用者のニーズに応えることが大切です。

    • パーティ用:大画面のテレビ
    • くつろぎ用:ソファやテーブルセット
    • 会議室;Wi-Fi

    など、目的に応じた設備が必要になります。

    初期費用は、だいたい30〜50万円くらいを見込んでおくと無難です。

    その他、運営費として、家賃やレンタルスペース運営代行費などのランニングコストもかかります。

    利益を出していくためには、検証していくことが大切

    利益 = 売上 − 費用です。

    そのため、まずは売上をあげていくことが大切です。

    そのため、

    • どんなニーズがあるか?
    • どの立地ならお客さんが集まるか?

    などを、常に考える必要があります。

    利便性の悪い物件の場合、利用率が下がってしまう可能性があります。

    さらに、家賃などのレンタルスペース運営費用がかかりすぎると、いくら売り上げをあげても、利益は残りにくいです。

    副業に詳しいアザラシ

    1度利用した人がリーピートしてくれるようなレンタルスペースを提供することが大切やな!

    そのために、清潔感はとくに重要です。

    部屋が汚かったり、目的に応じた部屋ではなく使いづらい環境だと、リピーターは増えません。

    どのような部屋が人気か、日頃からリサーチすると良いでしょう。

    最短で利益を出したい人はこちらの記事をご覧ください↓

    レンタルスペースが副業におすすめな理由

    レンタルスペースが副業におすすめな理由は、以下の4つです。

    おすすめの理由4選!
    1. レンタルスペースの需要は拡大している
    2. 不動産投資よりもリスクが小さい
    3. 忙しいサラリーマンでも売上をあげることができる
    4. スキルアップにつながる

    ひとつずつ、わかりやすく解説します。

    レンタルスペースの需要は拡大している

    レンタルスペースの需要は拡大してます。

    2020年まで順調に増えてきた需要は、一時的に減りましたが、2021年は再び増加傾向です。

    1人や少人数で利用されることが増えていましたが、最近は大人数での利用も需要が回復してきています。

    そのため、2020年頃の需要が戻ってくることを見越して、いまのうちにレンタルスペース運営を始めることをおすすめします。

    子アザラシ

    急いで始めないと、ライバルにどんどん先を越されちゃいそう、、!

    不動産投資よりもリスクが小さい

    不動産投資の場合は、アパート一棟やマンションの一室などを購入しなければなりません。

    副業に詳しいアザラシ

    そうなると数千万円の借り入れが必要やから、リスクはでかくなるで。

    しかし、レンタルスペース運営の場合、賃貸物件で始めることができます。

    不動産投資に比べ少ない金額から始めれるため、リスクが小さいです。

    忙しいサラーリマンでも売上をあげることができる

    レンタルスペース運営は少ない時間で運営できるので、副業にぴったりです。

    初期費用や準備などは時間がかかりますが、軌道に乗ったあとは運営代行している会社などに任せることもできます。

    すると、自分で清掃などを行わなくて済むため、忙しいサラリーマンでも複数のレンタルスペース運営を行うことも可能です。

    子アザラシ

    まさに副業向きのスモールビジネスだね!でもどうやって始めればいいの??

    副業に詳しいアザラシ

    独学だと失敗する確率が高すぎるから、まずはプロのノウハウを学ぶのが1番の近道やで!

    最短で利益を出したい人におすすめの記事↓

    レンタルスペース運営にかかる初期費用

    レンタル運営にかかる初期費用は、小さく始めるなら30万円〜です。

    主な内訳は、

    ざっくりこの4つ!
    1. 物件を借りる費用
    2. 設備や備品の購入費用
    3. 集客をするための費用
    4. 運営費用

    です。

    ひとつずつ丁寧に解説します。

    物件を借りる費用

    物件を借りる費用、つまり家賃が必要です。

    家賃は立地や広さなどによって、大きく異なります。

    とはいえ、小規模であれば5万円前後からの物件があるので、初心者の方は家賃の低いところから始めてみましょう。

    副業に詳しいアザラシ

    初月の計算には敷金、礼金も忘れずにな!

    設備や備品の購入費用

    ターゲットとなる人が求めている、家具や備品などを購入する費用が必要です。

    消耗品でなければ、一度購入して継続して使うことができるため、初期費用だけで済みます。

    ビジネス向けに貸し出すレンタルスペースであれば、Wi-Fiなどのインターネット環境を整えておく月額費用も必要です。

    集客をするための費用

    集客をするための費用が必要です。

    まずはレンタルスペースを知ってもらわないと、利用してもらえません。

    そのため、レンタルスペースを紹介しているサイトに掲載し、集客してもらう必要があります。

    SNSをうまく使えば、集客費用を無料にすることも可能です。

    SNSで集客をしたい方は、以下の記事も忘れずに読んでおきましょう↓

    運営費用

    これはどこまで自分で働くかにもよりますが、

    • 部屋の掃除
    • 鍵の受け渡し

    などを代行してもらう場合、委託費用がかかります。

    • 複数のレンタルスペースを運営している
    • サラリーマンや子育て中の主婦が運営している

    などの状況では、すべてを1人でおこなうことは難しいです。

    レンタルスペース運営を代行してくれるサービスがあるため、利用すると良いでしょう。

    副業に詳しいアザラシ

    費用はかかるけどうまく仕組み化すれば、ほぼ不労所得状態になれるで!

    物件選びや、初期費用のかけ方で失敗したくない人はこちらを読んでみてください↓

    レンタルスペース運営の始め方

    レンタルスペース運営は、以下のたった5ステップで始められます。

    たった5ステップ!
    1. コンセプトを決める
    2. 物件を探す
    3. 設備や備品を買い揃える
    4. 集客する
    5. 運営する

    上記を順番に行うと、レンタルスペース運営を行うことができるので、丁寧に解説していきます。

    1. コンセプトを決める

    始めにコンセプトを決めましょう。

    どんなレンタルスペースを運営したいのかを決めないと、物件を探すことができません。

    例えば、

    • ビジネスマン向け:駅近やオフィス街
    • パーティ向け:内装や備品にこだわる
    • サロン系:清潔感を最優先

    など、物件の立地から広さまでガラッと変わります。

    ちゃんと稼げるレンタルスペースを運営をしていくためにも、

    • どのような人をターゲットにするのか?
    • コンセプトはどうするか?

    をしっかりと考えましょう。

    副業に詳しいアザラシ

    流行りのレンタルスペースをリサーチするのも有効やで!

    2. 物件を探す

    コンセプトが決まったら、物件を探します。

    前述したコンセプトに沿って、

    • 立地
    • 間取り
    • 日当たり

    などを考え、根気強く探しましょう。

    物件探しが不安な方は、

    • 物件調査シート
    • 物件を契約するときにかかる初期費用の減額方法

    などが学べる【レンタルスペースの教科書】を参考にすることで、失敗する確率を限りなく低くできます。

    3. 設備や備品を買い揃える

    物件が決まったら、内装や備品などを買い揃えます。

    • ビジネスマン向け:Wi-Fiやデスク
    • パーティ向け:大型テレビやソファ
    • サロン系:施術用のベッド

    など、お客さんの満足度を高めてリピーターになってもらうために重要な部分です。

    また、借りる物件の広さが決まってから備品を買わないと、家具が大きすぎるといった問題が起こる可能性があります。

    【レンタルスペースの教科書】には『備品調査シート』もついているので、損しないためにも必ずチェックしておきましょう。

    4. 集客をする

    レンタルスペースを使ってもらうためには、とにかくスペースの存在を知ってもらう必要があります。

    レンタルスペースが載ったサイトなどに写真付きで掲載してもらうことで、認知をしてもうことも大切です。

    その際、掲載する写真は非常に重要です。

    部屋の雰囲気を数枚の写真から利用者に判断してもらうことになるため、きれいな写真を撮りましょう。

    また、集客をするために、SNSなどで個人で発信することも大切です。

    副業に詳しいアザラシ

    未経験から最短でSNS運用を学ぶなら以下の記事がおすすめやで↓

    5. 運営をする

    レンタルスペースを貸し出せる状態になったら、いよいよ運営開始です。

    業務としては、

    • 予約の管理
    • 部屋の掃除
    • 鍵の受け渡し

    などがあります。

    子アザラシ

    えー、でも本業があるからひとりじゃそんなにできないかも、、。

    本業が忙しい場合は、レンタルスペース運営の代行会社に任せる方法もあります。

    上記の2社が有名です。

    また、利用料金や利用ルールを設定することも重要です。

    利用者がルールを破った際にペナルティを決めていなければ、損をしてしまいます。

    レンタルスペース運営をする際は必ず設定しておきましょう。

    最短で利益を出したい人におすすめの記事↓

    レンタルスペース運営で稼ぐコツ

    レンタルスペース運営でしっかり稼ぐコツは、以下のたった4つです。

    稼ぐための4つのコツ!
    1. ターゲットやニーズに合わせた物件を選ぶ
    2. レンタルスペース内の写真はターゲットに向けて綺麗な写真を使う
    3. リピートしたくなるような部屋作りをする
    4. 複数のサイトに掲載する 

    間違った方法で運営していると、確実に失敗するので、そうならないために、ひとつずつわかりやすく解説します。

    ターゲットやニーズに合わせた物件を選ぶ

    とにかく、ターゲットやニーズに合わせた物件を選ぶことが非常に大切です。

    ビジネスマン向けのレンタルスペースを運営しようとしても、ビジネスマンがあまりいないような田舎では利用される確率は低くなってしまいます。

    仮に、立地的に不便なところでも、車で来たい人のニーズがあれば、公共交通機関から離れていても利用されます。

    • どんなニーズがあるか?
    • どんな立地なら多くの人が来るか?

    を、しっかりリサーチすることが大切です。

    レンタルスペース内の写真はターゲットに向けて綺麗な写真を使う

    レンタルスペース内の写真は、ターゲットに向けて綺麗な写真を使いましょう。

    レンタルスペースを利用したいと思っている人は、写真をみて利用するかどうかを決めます。

    撮影スタジオを運営する場合、

    • 背景
    • 備品
    • 日当たり

    などがわかれば、「撮影したい写真や動画が撮れるのか?」というイメージがわきやすくなります。

    写真を見た利用者に、「撮影スタジオ用のレンタルスペースではここで撮影したい!」と思ってもらうことが大切です。

    子アザラシ

    思い切ってプロのカメラマンに頼むのも良さそう!!

    リピートしたくなるような部屋作りをする

    レンタルスペース運営でしっかり稼ぐには、リピーターの存在が欠かせません。

    そのためには、

    • 掃除の徹底
    • 丁寧な対応
    • 備品の充実

    などが重要です。

    さらに「もう1度利用したい」という口コミが増えれば印象も良くなり、新規のお客さんも増えます。

    なので、「どんなスペースなら喜んでもらえるか?」ということを常に意識しましょう。

    複数のサイトに掲載する 

    レンタルスペースを掲載しているサイトは複数あります。

    利用者がどのサイトを見るのかわからないので、初めのうちは複数のサイトに掲載し、集客することが重要です。

    集客ができたらレンタルスペースの利用率があがり、利益を大きく伸ばすことができます。

    なので、まずは複数サイトに掲載し、レンタルスペースの存在を知ってもらいましょう。

    最短で利益を出したい人におすすめの記事↓

    レンタルスペース運営の注意点

    レンタルスペース運営する際の注意点は、以下の5つです。

    5つの注意点!
    1. 近隣住民とのトラブルを避ける
    2. 利用者とのトラブルを避ける
    3. 鍵の受け渡しに注意する
    4. 下見をしてもらった人に利用してもらう
    5. 賃貸物件の場合、利用契約に気をつける

    これらはレンタルスペース運営ではよくあることなので、対策を知って事前にトラブルを回避しましょう。

    近隣住民とのトラブルを避ける

    近隣住民とのトラブルを避けることが大切です。

    利用目的によっては、騒音などのトラブルになる可能性があります。

    賃貸住宅でレンタルすることが多いため、近隣住民との良好な関係を築いておきましょう。

    利用者とのトラブルを避ける

    利用者とのトラブルには注意が必要です。

    事前にルールを設定し、利用してもらう前に確認をとりましょう。

    利用のルールを設定しておくことで、トラブルを未然に防ぐことができます。

    副業に詳しいアザラシ

    ルールがあることは悪いことじゃないからな!

    鍵の受け渡しに注意する

    鍵の受け渡しにも注意しましょう。

    利用してもらったあとに、ポスト投函などをお願いするのは防犯上よくないです。

    できれば、

    • 直接の受け渡し
    • 電子式の鍵を使う

    など、しっかりと防犯対策もしましょう。

    賃貸物件の場合、利用契約に気をつける

    賃貸物件の場合、オーナーと管理会社に確認をとる必要があります。

    レンタルスペースとして貸し出すことを事前に伝えておくことで、トラブルを防ぐことができます。

    場合によっては、サブリース契約などが別途必要になる可能性があるため、十分に注意しましょう。

    レンタルスペース運営がおすすめな人

    副業でのレンタルスペースが運営がおすすめな人は、以下のとおりです。

    こんな人にはおすすめ!
    1. 忙しい会社員
    2. 流行に敏感な人
    3. 所有している物件を有効活用したい人

    ひとつでも当てはまった人は、レンタルスペース運営に挑戦することをおすすめします。

    自分が常に働くのが無理な会社員

    自分が常に働くことができない会社員の人は、レンタルスペース運営に向いています。

    子アザラシ

    え、忙しいのに向いてるってなんで??

    副業でのレンタルスペースの運営は、物件さえ契約すれば運営を代行に任せることが可能です。

    副業に詳しいアザラシ

    つまり『不労所得』のような感じになるから、忙しくても関係ないんや!

    物件探しなど事前の準備段階では、自分が働かなければなりません。

    ですが、稼働し出したら運営代行業者に任せておけば、自分で運営する必要がほとんどありません。

    なので、本業が忙しい会社員にもおすすめできる副業なのです。

    世間のトレンドに敏感な人

    世間のトレンドや流行に敏感な人は、レンタルスペース運営が向いてます。

    「いまはどういった需要があるのか?」を見極める力があれば、内装などを柔軟に変更でき、トレンドに合わせたレンタルスペースを提供することができます。

    なので、世間のトレンドに敏感な人はぜひ挑戦してみましょう。

    所有している物件の有効活用をしたい人

    すでに物件を所有していて、活用方法に悩んでいる人にもおすすめです。

    この場合は、賃貸契約を結ぶ必要がないので、費用を低く抑えることができます。

    また、物件のオーナーが自分になるため、部屋のアレンジなどに制約がありません。

    自由に変更を加えて、ニーズに応えやすくなります。

    副業でレンタルスペース運営を始めて稼ごう!

    まとめ

    副業でのレンタルスペース運営は、未経験や本業が忙しい人でも『不労収入』的に稼げる。

    レンタルスペース運営は初期費用が低く、需要も拡大傾向なので、いまが参入の大チャンスです。

    モタモタしていると、稼げる物件はライバルに取られてしまうので、副業で不労収入を得たい人は、すぐに行動しましょう。

    失敗するのが怖い方は、【レンタルスペースの教科書】都内好立地で少労所得を構築した方法を読んでから挑戦することを強くおすすめします。